大阪のバイク屋 − 外車・国産|ティスオートサービス

ヤマハ・YAMAHA

ヤマハ・YAMAHA
メーカーサイトはこちら
  スポーツ バイク、スクーターを中心とした、ヤマハのバイクを紹介します。

ここでは代表的なモデルをご紹介させて頂きます。

MT-10/SP

The king of MT.
それは、圧倒のパフォーマンス。


力強い加速と、個性豊かなエンジンキャラクター。
そして、俊敏なハンドリングと、自在に操る楽しさ。
MTシリーズが創出したこの二つの要素から生み出される、かつてない官能的な走り。
それは、数多のベテランライダーの心を捉え、さらには「走る」ことから生まれる根源的な楽しさを、
新たなジェネレーションの心に深く刻み込む事にもなった。

そしていま、再び。MTシリーズの領域をさらに拡げる一台が、ここに在る。
“Ultimate Synchronized Performance Bike” その魅力の全てはこの一言に集約されている。
現在の「ヤマハスポーツの象徴、R」の遺伝子を受け継ぎ、
そこにMTならではの官能的な走りを融合した、新たな走りのスタイル。
それは溢れるパワーを自在に操る楽しさ、悦び、加えて所有する誇りをも紡ぎ出す。
ストリートを、ワインディングを魅了するスポーツライディングと、
さらには快適なロングクルージングすら可能にする、まさに懐の深い走り。 “The king of MT” の名に値するフラッグシップモデル、MT-10。
深化した官能的な走りの新たな一頁が、ここから始まる。


XSR900

“ネオ・レトロ”。それは、モーターサイクルに存在する枠組みを超え、新たなスタイルを提案する。

剥き出しのボディ。その中心には、豊かなパワーを象徴するエンジンが。さらに優美な曲線を描くタンク、そこに連なるシート、そしてやや前傾の自然なライディングポジション。極めてオーソドックスな、いわば伝統的とも言えるそのスタイリング。だが、そこには確かにロードスポーツとしての高いパフォーマンスが秘められている。

そして、今。“ネオ・レトロ”スタイルを継承しながら、まったく新たな魅力を生み出す、革新の一台がここに誕生した。

XSR900。その名は、かつてのヤマハスポーツを代表する「XS-1」を思い起こさせる。さらに現在の「ヤマハスポーツの象徴、R」のイメージを喚起する。脈々たるモーターサイクルの伝統を受け継ぎ、さらに最新のテクノロジーで構成された、いわば今を体現する“The Performance Retro-ster” XSR900。それは新たな悦びをもたらすとともに、新たな伝統のはじまりでもある。



TRACER900

水冷直列3気筒845cm3エンジンを搭載したスポーツツーリングモデル「MT-09 TRACER ABS」をマイナーチェンジし、「TRACER900 ABS」を発売。
また、上級バリエーションとして走行性能や装備充実を図った「TRACER900 GT ABS」を追加設定。
マイナーチェンジを行った「TRACER900 ABS」は、“Two Sides of the Same Coin:Sports and Travel”を開発コンセプトに、高いスポーツ性はそのままに、より快適な乗り心地とツーリング機能の強化を行いました。
主な特徴は、1)形状変更/表面積の拡大により、高速走行などでライダーへの風の影響を抑える新型フロントスクリーンの装備、2)機敏な走行を支える新設計ハンドルバー/ブラッシュガードの装備、3)ツーリングモデルならではの快適性に貢献する新しい前後シートの設定、4)サイドケースの装着に配慮しながら、サイドカバー形状と調和したサイドケース用マウントの設定、5)60mm延長により、高速走行時、旋回時の優れたトラクションを支える新設計の高剛性リアアームの設定、6)優れた整流効果など快適なツーリング性能を生み出しながら、質感を高めた新しいスタイリングなどです。
上級バリエーション「TRACER900 GT ABS」は標準モデルをベースに、1)サスペンション性能の向上および調整範囲を広げるフルアジャスタブルフロントフォークの搭載、2)ライダーの好みに合わせてプリロード調整可能なリモート操作機構採用のリアサスペンションの搭載、3)様々な情報を表示するフルカラーTFT液晶マルチファンクションディスプレイの採用、4)長距離走行の疲労を軽減し快適なライディングを支援するクルーズコントロールシステムの採用、5)グリップウォーマーの搭載 などにより、スポーツツーリング性能の充実を図りました。

MT-09

ライダーの意思にシンクロし、瞬時に応える逞しいパワー。
走りだした瞬間に感じる、意のままの、俊敏で力強い走り。
スポーツライディングに新たな一頁を拓いたMT-09が、再び深化を遂げた。
スポーツ性能を、さらに磨き上げて。
数々の専用装備と、専用カラーリングのスペシャルモデル・MT-09 SP、誕生。
またMT-09は、力感と軽快感を主張する、そのスポーティなスタイリングはそのままに。
よりアグレッシブ、かつ印象的なニューカラーをラインナップ。

“Be Radical, Be Cool” ----- MT-09
毎日の楽しさを、もっと自由に、ずっと自在に。



XSR700

毎日を、冒険しよう。

街を、もっと楽しむために。
気軽に、シンプル&カジュアルに付き合いたい。
そんなパートナーを、やっと見つけました。
懐かしく、それでいて新しいネオ・レトロなスタイル。
心地よい走りと、軽快なハンドリング。
毎日のショッピングで、ブックストアで、お気に入りのカフェで。
昨日までの何気ない日常が、新鮮な体験へと変わっていく。
“Urban Casual Retro-ster” XSR700。
これが、街をもっと楽しむための、新しい行動力です。



MT-07

スポーティ&ファンライド。
スタイルに、走りに、MTならではの魅力をさらに磨き上げた。
軽く、スリムでコンパクトなボディ。
滑らか、かつトルクフルな2気筒エンジン。
新しいスポーツの魅力を存分に味わえるMT-07が、さらなる進化を手に入れた。

もっとスポーティに、さらにアクティブに。
より深化した、意のままに操れる俊敏かつ力強い走り。
それは、街をもっと楽しむための、新しいスタイル。
高層ビル街を抜け、郊外へ、さらに夜の湾岸へ。
MTワールドの愉しさを深め、拡げる1台、MT-07。
いま、あなたに、新たな悦びを提案します。



BOLT

950 ccの空冷・60度V型2気筒・4バルブエンジンを搭載。優れた走行性を支えるエンジンとなっています。
排気系には右側出しの2-1エキゾーストパイプを採用。フロント側にまわり込んだ後気筒のエキゾーストパイプと、ショートサイレンサーが特徴。
新設計フレームは、コンパクトなダブルクレードル形式を採用。ホイールベースは1,570mmと短めに設定、各ディメンションとのバランスで市街地では扱いやすく、郊外では安定感あるハンドリングをもたらします。
ボディデザインは “Ultimate Purely Bobber”(究極のボバースタイル)のコンセプトに基づき、“ロウメタル・シンプル・スポーティ”の各要素を調和させています。



YZF-R3/YZF-R25

毎日乗れる、スーパーバイク
毎日、そして週末。卓越したパフォーマンスと、日常での扱いやすさを、バランス良く両立した。
ヤマハ スーパースポーツの象徴、「R-DNA」を継承。
軽さが生む胸躍る加速感、そして意のままのハンドリング。
街で、ワインディングで、さらにロングツーリングでも。
R3&R25は、スーパースポーツならではの楽しさを、さらに拡げてくれる。






TMAX530 DX・SX

大人の週末は、さらに贅沢です。
気軽に、思いのままに楽しめる、そのスポーティな走り。
ゆったりと、心地よく寛げる、その上質な居住性。
スポーツコミューターとしての世界を築き、拡げ、深めてきたTMAX。
再び、さらなる進化を求め、新たな資質を手にしました。
コンセプトは“Master of Scooter” 。走りは、よりアクティブに、もっと快適に。
使いやすさは、さらに便利に、もっと上質に。細部に至るまで、徹底して磨き上げました。
ウイークデーを街で過ごし、ウイークエンドは遥かな憧れの地へ。
新生TMAX530がもたらす、大人だけが知る贅沢なひととき。
その世界は、いま、あなたの目の前に拡がっています。




XMAX

走りとスタイルのクロス。
血統と革新のクロス。
道は道と交わり、目指す場所へとつながる。
MAXシリーズの血統を受け継ぎながらも、
新たな領域へと踏み出したXMAX。
いま、乗ることは誇りとなり、
走ることはときめきとなり、
所有することは歓びとなる。





TMAX
マジェスティS

デキるヤツはカオにでる。
精悍なフロントマスクをひと目見た瞬間、伝わってくるものがある。
それは、パワフルかつスポーティな走り。乗り心地の良さ。
そして、卓越したパフォーマンス。
エンジンをかけ、アクセルを開き、走り出す。
そのとき、予感は実感となる。








ヤマハ Vino
Vino

私を彩る。 街を彩る。

ほんのちょっとのお出かけだっておしゃれで楽しい方がいい。
Vinoと走ればいつもの街がぱっとカラフルになっていく。
さあ、今日はどこへ行く?


お気軽にお問い合わせ下さい。



ホームページの製作はお任せ下さい。